体の酸化や糖化は
私たちの老化のスピードを早めてしまう、やっかいな現象です。

こちらの記事では
体内で起こる酸化や糖化を防ぐ食品
また、糖化を防ぐ食べ方なども紹介しています。

抗酸化作用の強い食品

老化の原因となる体の酸化。

体が酸化していく原因は・・・

そう!活性酸素でしたね!

活性酸素によって体が酸化していくことを防ぐには
抗酸化作用の強い食品を摂取する必要があります。

それでは
抗酸化作用の強い栄養素と
それを多く含む食品をご紹介します!

ポリフェノール

【アントシアニンを多く含む食品】

  • ぶどう
  • ブルーベリー
  • 黒豆

【カテキンを多く含む食品】

  • 緑茶
  • 紅茶
  • カカオ

【その他】

  • 大豆(イソフラボン)
  • ごま(セサミン)

美しい女性

カロテノイド

【リコピンを多く含む食品】

  • トマト
  • すいか

【ルテインを多く含む食品】

  • 緑黄色野菜
  • トウモロコシ

【カプサンチンを多く含む食品】

  • 赤ピーマン
  • 赤トウガラシ

【アスタキサンチンを多く含む食品】

  • いくら
  • 桜エビ

ビタミン

【ビタミンA(βカロテン)を多く含む食品】

  • 緑黄色野菜

【ビタミンCを多く含む食品】

  • 緑黄色野菜
  • 果物
  • イモ類

【ビタミンEを多く含む食品】

  • 種実類
  • かぼちゃ
  • アボカド

スポンサーリンク





抗糖化作用の強い食品

では次に
糖化を防ぐための食品です。

酸化の原因が活性酸素だったのに対し
糖化の原因はAGEという物質です。

AGEは、全身のタンパク質と糖質が結びついて発生する物質。

糖化を防ぐには、AGEの発生を抑えることが必要です。

そのために効果的とされている食品が
食物繊維の多い野菜きのこ類、そして海藻類など。

また、濃度の高い茶カテキン類
タンパク質と糖質の結合を防いでくれます。

老化を防ぐ食生活

糖化を防ぐ食べ方

糖化を防ぐ方法は、食品選び以外にもあります。

それは、「食べ方」を工夫する方法です。

食べ方を工夫することで、糖化の原因となる
血糖値の急上昇や、高血糖状態が続くことを避けるのです。

実際にどのような食べ方をすればいいのかというと
糖質の低い食品から順番に食べていくのです。

野菜→主菜→ごはん

といった感じですね。

食物繊維は、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。
なので、まずは野菜から食べる。

そして、一番糖質の高いごはんは最後に食べます。

朝食をしっかり摂ることも大切です。

朝食を抜いた状態で昼食を食べると
血糖値は一気に上昇します。

このような血糖値の急激な変化は、糖化の原因になるだけでなく
糖尿病のリスクにもなりえます。

また、ゆっくりと食べることも大切。

よく噛んで食べることで、消化・吸収の速度が穏やかになり
血糖値の上昇も抑えてくれますからね!

一口30回を目安に
楽しんで食事をしましょう!

スポンサーリンク






にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村