こちらのページでは
血液検査での血球に関する項目についてまとめてあります。

各検査項目の基準値、
また異常値となった場合に想定できる疾患や病態を一覧できます。

なお、このページに見当たらない検査項目に関しては
血液検査➀
血液検査②
尿・便検査
こちらをご覧ください。

(ブックマークしておくと、いざという時に便利です)

血球検査

赤血球数(RBC)

基準値
男:430万~554万/㎕
女:374万~495万/㎕

【異常値でとる疾患・病態】
高値:真性多血症、脱水、ストレス、多血症
低値:貧血、白血病、悪性腫瘍、出血

ヘモグロビン(Hb)

基準値
男:13.8~16.9g/㎗
女:12~15g/㎗

【異常値でとる疾患・病態】
赤血球数と同じ

ヘマトクリット(Ht)

基準値
男:40.8~49.6%
女:34~45.3%

【異常値でとる疾患・病態】
赤血球数と同じ

平均赤血球容積(MCV)

基準値
男:84~100.4fℓ
女:82.5~97.4fℓ

【異常値でとる疾患・病態】
高値:大球性貧血
低値:小球性貧血

平均赤血球ヘモグロビン量(MCH)

基準値
男:28.4~34.2pg
女:26.9~32.7pg

【異常値でとる疾患・病態】
低値:低色素性貧血

平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)

基準値
31.8~35%

【異常値でとる疾患・病態】
低値:低色素性貧血

血小板数(Plt)

基準値
12万~41万/㎕

【異常値でとる疾患・病態】
高値:本態性血小板血症、真性多血症、出血
低値:突発性血小板減少性紫斑病、肝硬変、抗癌薬使用、骨髄異形成症候群

白血球数(WBC)

基準値
3600~9300/㎕

【異常値でとる疾患・病態】
高値:感染症、心筋梗塞、白血病、真性多血症、出血
低値:SLE、白血病、無顆粒球症、悪性貧血、再生不良性貧血
骨髄繊維症、薬剤副作用、腸チフス

好中球

基準値
41.7~74.1%

【異常値でとる疾患・病態】
高値:感染症、炎症、急性中毒
低値:ウィルス感染症、腸チフス、再生不良性貧血、白血病
SLE、無顆粒球症、肝硬変

好酸球

基準値
0.6~8%

【異常値でとる疾患・病態】
高値:アレルギー性疾患、寄生虫症、膠原病
低値:腸チフス、クッシング症候群、ストレス

好塩基球

基準値
0~1.5%

【異常値でとる疾患・病態】
高値:慢性骨髄性白血病、甲状腺疾患

単球

基準値
3.6~8.5%

【異常値でとる疾患・病態】
高値:骨髄単球性白血病、無顆粒球症の回復期
低値:重症敗血症、悪性貧血

リンパ球

基準値
18.9~47.7%

【異常値でとる疾患・病態】
高値:ウィルス感染症、伝染性単核球症、アレルギー性疾患、慢性リンパ性白血病
低値:急性感染症の初期、悪性リンパ腫、SLE

スポンサーリンク